ブログトップ

piada(ピアーダ)

piada.exblog.jp

flute,piano,celloのトリオ

<   2006年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

8月はお休み、充電を経て秋のライブがどどどっとあります!お楽しみに〜!

●9/18(月・祝):元町・中華街「491 House」045-662-2104/20:00〜/チップ制(投げ銭)

●10/1(日):自由ヶ丘「Mardi Gras」03-3722-6892/19:30〜/¥2000

●11/8(水):吉祥寺「Strings」0422-28-5035/20:00〜/¥2500

●11/26(日):銀座「YAMAHA銀座店1Fステージ」03-3572-3135/17:00〜17:30/No Charge

吉祥寺Stringsは初めての出演です。そして銀座ヤマハのインストアライブも決まりました!気合い入ってます〜!
[PR]
by piada | 2006-07-27 14:02 | Live Info
いよいよ4月12日から続けてきたレコ発ライブシリーズも千秋楽。やはり雨でした!もうあきらめてま〜す(笑)。

中目黒「楽屋」はとてもキレイで料理も美味しく、大好きなお店です。開演前にはタイ風焼きビーフンや鶏とタケノコのレッドカレーなどを食べました。美味しい!!今日は満席になりましたね。暖かいお客さんの反応、嬉しかったです!MCも演奏も今日は楽しくできました。

今回はアルバムの曲を11曲ドーンとやろうと思いましたが、やめました(笑)。今日はアルバムの中からは「弥生」以外は全部やりましたね。曲数も多めにやりました!

セットリスト
■1st
1:月夜のサウダージ(坂上領)
2〜6:組曲スイミーソング#1〜5(伊藤志宏)
7:Comin' Home Baby(H.Mann/B.Tucker/arr:坂上)
8:I Wish I Knew(H.Warren/arr:伊藤)
9:ペンギンダンス(伊藤志宏)

■2nd
1:登山列車と雨男(坂上領)
2:霜月(伊藤志宏)
3:先生、明日です(伊藤志宏)
4:Berimbau(B.Powell/arr:piada)
5:Sabia(A.C.Jobim/arr:piada)
6:Wave(A.C.Jobim/arr:伊藤志宏)
7:Les Amants(E.Pieranunzi/arr:伊藤)

■Enc.
1.Travessia(M.Nascimento/arr:伊藤)

今回で1ヶ月のお休みに入ります。また新曲や新アレンジなど、充実させるべく、充電期間ということで。曲書かなきゃ〜!!頑張りまっす。

↓写真は、楽屋の美味しい料理と、佐川急便の制服と間違えられた、坂上衣装。ちなみに一応アダム・エ・ロペとATHLETA・CAFE DO BRASILのお気に入りのコラボポロシャツだったのに。。。
d0136293_11365877.jpg
d0136293_1139373.jpg

[PR]
by piada | 2006-07-19 02:30 | Live Report
しこうです
おもいつくままです
たまにはこんなのもよいではないかと

毎年毎年必ず読む本が3冊ほどある

そのうちの一つを紹介
司馬遼太郎著
「項羽と劉邦」
四面楚歌、背水の陣、[馬鹿]の由来、多々益々弁ず、捲土重来、など沢山の故事成語かこの時代から生まれてる
とにかく読むまで三国志しか知らなかった自分に一挙に興味の範囲と好き勝手な想像力を与えてくれた作品
『司馬遼太郎』というと「竜馬が行く」など幕末の話を取り扱っていると思われがちだが、氏の著作には戦国時代(今大河ドラマでやってますね〜)や江戸時代など広範囲に渡って良質の作品が無尽蔵にある

その中でも「項羽と劉邦」は異色の題材であるかもしれないが、、、
こういった歴史小説はなかなか同世代で読んでる人が少なく、寂しい限り
丁度父親の世代が最も多く好むものと思われいるのも気に食わない
たしかに文章がおしゃれだったり、とっつきやすいわけでもないのだが、想像を絶する量であろう資料、長大な時間をかけたであろう取材からよくあれだけの珠玉の言葉で、古の人物を描き出すものだと、ほとほと感心。
氏の文章には言葉を操ろうというようなことは微塵も伺えず、ただただその時代の人間像に迫りたいといった気迫がさりげなく随所に見える気がする
特に張良と陳平の進言で劉邦が、項羽との停戦の約束を白紙に戻し追撃を決意するときの場面は毎回何度もそこだけ読みなおしてしまうのです
[PR]
by piada | 2006-07-18 06:39 | しこうの部屋
志宏です
{最初にお断り}
そもそも音楽に解説は必要か?(根本的には必要ないと思いますが)
ということに論点を置いてしまうとなかなか話が進まず
この企画が台無しになってしまうので、
軽く、随想風にやっていこうと思っています

これより、早くも名盤の噂も立ってるというpiada 1st album『繪本図書館』
に納められている珠玉の楽曲達を、ありったけの愛を込め、更にメンバーならではの鋭い洞察力、また一個人として独断と偏見を持って懇切丁寧に解説したいと思います
基本的にまだCDを手元にお持ちになっていない方には少々取っ付きずらくなってるかもしれませんが、この裏解説を読んだあとにCDを手に入れてじっくり鑑賞するというのも相当オツなことになるであろうということを信じているわけです。

ああ、レコ発ライブが終わるのに、まだ二曲しか解説がない
まーやむを得ませんね
大体前置きを一回目からパクってる時点で怠慢ですが、、、
いいのです
自分の文章ですから。

第三回は、最近ライブで大人気?ペンギンダンス
大阪八尾では手拍子が起こりました
びっくりです
僕の友人はこの曲を私が作ったとは思っていなかったらしい、、
なぜか?
曲調が明るいからだそうです

元はと言えば「ばけつでごはん」というそれはそれは素敵な漫画があるのですが、その中では動物園に動物たちが仕事として通っていて、そんなかでペンギンの主人公を囲んでそれとなく恋愛や仕事の悩みなどのストーリーが展開してくのです

ペンギンたちは子供たちに喜んでもらおうと、チームを組んで踊るのですがその場面を見て、こんな曲だったらいいかなと思ったような気がします

この漫画、じつはアニメにもなっててあの神田うのが声優で参加していて(主人公の舎弟のサンペー役)話題になってました

あっっっっ!気がついたら「ばけつでごはん」の解説になってる!!!
しょうがないです
随想風に筆を進めてるのですから

一番の聞き所はなんといってもアフレコした手拍子です
書いてたらまた読みたくなっちゃった
なのでここで終わり〜〜しこうです
d0136293_11301910.jpg
d0136293_11303078.jpg

[PR]
by piada | 2006-07-15 14:29 | 楽曲解説
好評のポストカード、Newバージョンが登場しました!旧バージョンをお持ちの方はレアになるかも!?(笑)。18日の中目黒「楽屋」でのライブにお越しの方にプレゼントいたします!!お楽しみに!ちなみに旧バージョンと2枚横に並べるとつながります〜。

この中目黒のライブでレコ発シリーズは一段落、8月はお休みして、9月頃からまたドドーンとライブやります!詳細は近日中にお知らせします〜!
d0136293_11273179.jpg

[PR]
by piada | 2006-07-15 02:44 | Other Info
2日目昼間は、道頓堀近辺でカニ食べたりゆっくりできました。大阪を堪能。

さて、ライブの場所は肥後橋の「CHOVE CHUVA」というお店。どんなお店かと言うと。。。

CHOVE CHUVA はブラジル音楽CDショップ。
CHOVE CHUVA はCDを聴きながらカフェジーニョやビールが飲める所。
CHOVE CHUVA はいい音楽のライブがある。
CHOVE CHUVA は人と人が繋がる空間。
CHOVE CHUVA は日常にゆったりとした時間と音楽がある場所。

ということで(お店のホームページより)、すごくウェルカム感がある、宝の山でした!家の近くにあったら通ってしまいますね、こりゃ。お店のスタッフのみなさんも最高でした。大阪に行く時は必ず遊びに行くことにします!

すごくアットホームな雰囲気で、とても楽しかったです!そして、京都で活動しているフルーティスト、久家菜々子さんが遊びにきてくれて、1曲セッションしました!初めまして、という挨拶からステージで共演するまで10分かからず、打ち合わせもほとんどしていないのに、完璧でした。ありがとうございました。

そしてまた終わってからお店のスタッフの方たちと打ち上げ。ピアノの人がだいぶゴキゲンな感じでした(笑)。

本当に2日間、いろいろな方にお世話になり、甘えてしまいましたが、本当に感謝しています。また力をつけて、大阪に行きたいです。その時もぜひよろしくお願いします。みなさん、ありがとうございました!!

1st
1:Berimbau(B.Powell/arr:坂上領)
2:イパネマの娘(A.C.Jobim/arr:伊藤志宏)
3:先生、明日です(伊藤志宏)
4:ペンギンダンス(伊藤志宏)
5:Sabia(A.C.Jobim/arr:piada)
6:登山列車と雨男(坂上領)

2nd
1:Minha Saudage(J.Donato)with 久家菜々子(flute)
2:月夜のサウダージ(坂上領)
3:I Wish I Knew(H.Warren/arr:伊藤)
4:Comin' Home Baby(H.Mann/B.Tucker/arr:坂上)
5:Travessia(M.Nascimento/arr:伊藤)
6:Les Amants(E.Pieranunzi/arr:伊藤)

Enc:Wave(A.C.Jobim/arr:伊藤志宏)

↓写真は、終演後、お店にあった楽器を持ってインチキくさいブラジリアン・バンドになりました(笑)。2枚目は、タコ焼きと道頓堀。
d0136293_11241391.jpg
d0136293_11242536.jpg

[PR]
by piada | 2006-07-10 00:41 | Live Report
いや〜、今日は楽しかった!井上真那美、凱旋ライブでもありましたね。本人にとっても八尾は久々だし、ましてここで演奏するのは初めてだ、とのこと。

朝早く出て、高速道路下りて八尾に到着って頃に豪雨。やっぱり!しかしすぐやんでよかった。。。会場は駅からすぐのプリズムホールのレセプションホールで、会議場というか披露宴パーティーみたいな会場でした。90席ほどの席がほとんど埋まる大盛況っぷりでした!

会場のピアノがなんとKAWAIの白いグランドピアノで、伊藤志宏が似合わないこと似合わないこと(笑)。すごくさわやかに見えました。

今日は七夕ですので、今日だけの限定で「星に願いを」。また、井上真那美ファミリーの親戚のみなさまの協力があってこそ実現できたライブなので、感謝の気持ちを込めて「浜辺の歌」伊藤志宏アレンジをピアノ&チェロのDUOでお届けしました。

今日のセットリスト


1st
1:Wave(A.C.Jobim/arr:伊藤)
2:組曲スイミーソング#1(伊藤志宏)
3:組曲スイミーソング#2(伊藤志宏)
4:浜辺の歌(成田為三/arr:伊藤志宏)
5:Comin' Home Baby(H.Mann/B.Tucker/arr:坂上)
6:登山列車と雨男(坂上領)

2nd
1:Berimbau(B.Powell/arr:坂上)
2:先生、明日です(伊藤志宏)
3:ペンギンダンス(伊藤志宏)
4:月夜のサウダージ(坂上領)
5:Les Amants(E.Pieranunzi/arr:伊藤)

Enc1:イパネマの娘(A.C.Jobim/arr:坂上)
Enc2:星に願いを(L.Harline/arr:伊藤)

お手伝いしてくれたみなさん、また来て下さったみなさん、本当にありがとうございました。演奏している側も、ウェルカムな感じに包まれてすごく楽しかったです。またぜひこういう機会があるといいですね。これからも頑張ります!

↓ライブ後は美味しいお寿司屋さんで打ち上げ。みんなイっちゃってます。明日の肥後橋も楽しみ〜!!
d0136293_11185955.jpg
d0136293_11192859.jpg

[PR]
by piada | 2006-07-08 02:22 | Live Report
とあるイベントで水野晴郎さんとご一緒させていただきました。

カルテットで映画音楽を数曲演奏。

すると、彼は、言いましたよ。

『いやぁ〜映画音楽って本当に素晴らしいですね。』

出たぁ〜!!
d0136293_1113598.jpg

[PR]
by piada | 2006-07-05 00:55 | まなみの部屋